PP Møbler – PP58/68 (PPモブラー – PP58/68)

PP Møbler - PP58 (Photo at Tokyo Design Center)
PP Møbler - PP58 (Photo at Tokyo Design Center)

PP Møbler - PP58/68 (PPモブラー - PP58/68)

1953年に小さな工房から始まった、親子3代に渡るデンマークの家具ブランドPPモブラーは、材料となる木の大部分をデンマークとドイツに続く森林から掘り出し、根っこから抜き取った場所に新たに苗木を行うなど、資源の永続的な活用に積極的に取り組んでいる会社です。創業者アイナー・ピーターセンと、デザイナーハンス J. ウェグナーのこだわりとが融合し、1987年、"PP58/68"が誕生しました。
PP Møbler - PP58 (Photo at Tokyo Design Center) 2
PP Møbler - PP58 (Photo at Tokyo Design Center)

Ideal dining chair
PP58/68には、ダイニングチェアとしての理想的な工夫と美しさが盛り込まれています。無垢材の曲木で出来ている背もたれの内側はフラットになっており、背中にぴたりとフィットして支えてくれるため、姿勢正しく食事をすることが出来ます。アームの外側にかけては自然な丸みを帯びており、そっと腕を乗せた時も痛みがありません。短いアームはダイニングテーブルに綺麗に収納でき、チェアを後ろから見た時の美しさも格別です。

PP68の座面は、熟練した職人によって編み込まれるペーパーコードで出来ており、夏場はこのまま直接お座りになるのが快適です。冬場は別売りのシートクッションを敷いてご利用になるのがお奨めです。PP58の座面に使用されているELMO soft leatherは、革を丸ごと染色している為、裏も表も同じ色に染まっている上質なものです。東京デザインセンターのショールームにはPP58現品を展示中ですのでいつでもお座り頂けます。また、ELMO soft leatherの革サンプルもございます。こちらのお貸出しも出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

写真の各商品の仕様

※金額は税抜きのお値段です。
(リンク先のshop siteでは税込み表記となっております。)
※送料無料(北海道・沖縄・離島除く)
※納期: 在庫有の場合約1~2週間/在庫無の場合約5~6ヶ月
※座面高42cmにcutする場合は+¥8,000追加となります。

"PP58 Last Dining Chair" Oak Soap
幅58x奥行48x高さ72, 座面高44 cm
材質: Oak Soap/ (シート)ELMO soft leather (Black)
在庫: ◎余裕あり(11/13時点)

※1脚単位の販売価格: ¥148,400
https://www.shop.il-design.co.jp/product-page/pp58-last-dining-chair-oak-soap
※2脚setでの販売価格: ¥287,000
https://www.shop.il-design.co.jp/product-page/pp58-last-dining-chair-oak-soap-2chairs

"PP68 Last Dining Chair" Oak Soap
幅58x奥行47x高さ72, 座面高44 cm
材質: Oak Soap/ (シート)natural paper cord
在庫: 3脚あり(11/13時点) 次回12月下旬18脚入荷予定

※1脚単位の販売価格: ¥139,400
https://www.shop.il-design.co.jp/product-page/pp68-last-dining-chair-oak-soap
※2脚setでの販売価格: ¥269,000
https://www.shop.il-design.co.jp/product-page/pp68-lastdiningchair-oaksoap2chairs

Stockholm Furniture & Light Fair 2021 is cancelled

2021年2月に予定されていたストックホルム国際家具見本市(Stockholm Furniture & Light Fair)は、現在のパンデミックの予防措置として、中止することが決定しました。 次のエディションは2022年2月8日から12日にStockholmsmässanで開催される予定です。(STYLEPARK mail magazineの記事より)

ストックホルム国際家具見本市: 従来デンマークのBella Centerで開催されていた家具の一大イベントが中止となり、今はスカンジナビアの家具展示会はストックホルムだけになりました。毎年2月、世界30カ国以上から700社以上の出展があり、40000人以上が訪れる世界的な大規模家具見本市となっており、新進気鋭の若手デザイナーの才能が発信されるきっかけにもなったり、最近は廃材を利用するなど、サステナビリティを大事にし、デザイン性と環境配慮を両立させる意識をもったデザインも見る事が出来ます。

ONLINE SALE!
ONLINE SALE!